Blog&column
ブログ・コラム

身体障がいなどにより家事が難しい時に使える支援とは

query_builder 2021/09/21
コラム
14
「身体障がいなどにより家事が難しい時に頼れるサービスはあるのだろうか」とお考えではありませんか。
日常生活を送る上で必要な家事が思い通りにいかず、困っている方も大勢いらっしゃいますよね。
今回は身体障がいなどにより家事が難しい場合に使える支援について簡単に解説します。

▼身体障がいなどにより家事が難しい時に使える支援
障害福祉サービスの1つである「居宅介護」を利用すると、以下のような家事援助が受けられます。

①入浴、排せつ及び食事等の介護
②食事の支度
③洗濯
④掃除 など

■居宅介護の対象となるのは?
居宅介護の利用対象となっているのは、18歳以上の身体障がい・精神障がい・知的障がいを持つ方です。
ただし障害支援区分「1」以上と認定された方が対象とされています。
平成30年4月からは支援対象が増え、難病患者についても対象となりました。
本人が単身、あるいは家族が疾病や障がいにより家事が難しいという状況の場合に利用出来るサービスです。

▼まとめ
身体障がい・知的障がいがあっても安心して暮らせるように定められたのが、障害福祉サービスです。
どんなサポートがベストなのかを考えながら対応する必要があるため、着実にスキルアップし続けられますよ。
障害福祉サービスを提供している「株式会社チャレンジドくらぶ中野」では、積極的に新規スタッフを募集しております。
ガイドヘルパーなど福祉関連の資格をお持ちでしたら活かせますので、転職をお考えでしたらぜひご応募ください。

NEW

  • 放課後等デイサービスとは

    query_builder 2021/08/20
  • 仕事探しで正社員として働ける職業は?

    query_builder 2023/06/01
  • 女性が一生働ける仕事とは?

    query_builder 2023/05/03
  • 行動援護従業者について詳しく解説

    query_builder 2023/03/03

CATEGORY

ARCHIVE